市販テキスト活用法

独学を選ぶ人は、お金がないっていうより、FPが自分に合ってるかどうかわからないから試してみたいって人が多いと思う。市販テキストで自分に向いてるかどうか確認してから通信講座で合格を目指すのは正しいはず。

市販テキストだけなら途中で引き返しやすい

予備校に通ったり、通信講座を受講して10万円ってお金を使って、結局諦めたらもったいないよね。FP試験に合格したものの、実は他の資格の方が向いてたなんてことになったら損した気持ちになる。 どこかで聞いたんだけど、人間は損すると倍辛いんだって。2000円くらいで買える市販テキストだけなら、引き返しても大損した気にはならない

他の資格試験に鞍替えできる

例えば行政書士目指して市販テキストを買って独学しても、自分に向いてないってわかったら全部無駄になっちゃう。まさか司法試験や司法書士試験に鞍替えするわけにもいかないし。でもFPなら学ぶ範囲が広いから、不動産を扱うのが面白いって思ったら宅建士に乗り換えるとか、年金業務が面白いって思ったら社労士に乗り換えるとか、柔軟に対応できるんだ。

ただ、FP資格だけでもできることはいっぱいあるから、他の資格に興味がわいても、まずFPを取得してからダブルライセンスとして他の資格を狙った方が良いと思う。そのためには何年もFP試験に費やすわけにはいかないから、独学より通信講座で早目に合格する方法を採るべきだよね。